正規店で修理するのにデメリットはあるのか

正規店での修理の最大のデメリットは修理費用

iPhoneの修理をする際に頼りになるのが修理の正規店です。メーカー側の品質基準を満たす修理サービスを受ける事が出来るので非正規店と比べて、安心感を持って質の高い修理サービスを受ける事が出来ます。その様な正規店での修理ですが、デメリットもあるので押さえておきましょう。iPhone修理正規店でのデメリットは費用にあります。これは正規店の修理費用が法外に高い訳では無く、非正規修理店の修理費用が安い為にそのように見えてしまうのです。実際、他の家電製品の修理と比べてもiPhone修理の費用が著しく高いと言う事はありません。しかしながら、非正規修理店の価格が安すぎる為、利用者側からすると正規店を使うデメリットになってしまいます。コストを意識している方は特に要注意です。

納期も無視できないポイント

iPhone修理を正規店で行う際のもう一つのデメリットが納期です。店舗を構えている正規店てあれば良いですが、郵送などで対応している場合、数日から数週間掛かる事があります。また、仮に店舗を構えていても、非正規店と比べて圧倒的に数が少ないので、店頭で待たされる可能性もあるのです。急ぎの場合には、事前予約サービスなどを提供している正規店を探して利用するのが賢明と言えます。なお、正規店の数やサービス内容は日々、充実してきています。そのため数年前や数ヶ月前に調べた内容とは様相が変わっている可能性もあるので、修理の際は要チェックです。正規店と非正規店にはそれぞれ、メリット、デメリットがあります。それぞれの特徴を押さえて自身に合った修理サービスを利用する様にしましょう。

電池パックに膨らみが生じたり、電池の持ちが悪いと感じた場合は、iphone6sのバッテリー 交換タイミングですので、街中にある修理ショップに持ち込んで電池修理を依頼してみましょう。