非正規店でiPhone修理をするメリットとデメリット

正規店と非正規店の違い

正規店はメーカーから認定されている店です。反面非正規店はメーカーから認められていない一般の修理店です。全国でも正規店は約100店舗あり、非正規店は約1600店舗あると言われています。
どちらの店を選ぶかは、本人の意思によるところが多いですが、保証期間中や保険加入期間中ならば正規店を選ぶ方が安心かもしれません。一方、保証期間は終わっているし、修理費を節約して早く直したい人には非正規店が向いていると思われます。
早く直したい、費用をかけたくないと思って自分で修理する人がいますが、iPhoneは複雑な構造になっており分解や組み立てが難しい機器です。
修理するにはある程度の設備を整え、それなりのスキルも必要ですので、安易に手出ししない方が得策です。失敗すると永久に使えなくなりますので要注意です。

iPhone修理を非正規店に依頼するメリットとデメリット

iPhoneを使用していると、ついうっかり落として画面を破損させたり、水の中に落としたりすることってありますよね。そんなときに正規店と非正規店のどちらに修理を依頼すればよいか迷うことが多いと思います。
保証期間内や保険対象品であれば正規店に依頼する方が安全性が高いと思われますが、保証が切れている場合や、機種が古い場合は修理をしてくれないことがあります。
非正規店にもメリットやデメリットがあります。修理依頼の参考としてメリットを記しておきます。まず、修理費用が正規店より安くなることが多く、店頭持ち込みなら即日持ち帰りができます。またかなり古いiPhoneでも直してくれる店が多く、長く使って愛着のあるiPhoneでも再度使えるなど嬉しさが増します。
デメリットは、一度でも非正規店で直してもらうと正規店には持ち込めず保証もなくなります。それに悪質な店だと安いパーツを使われることもあります。

ときどきiphoneが起動しないことがあります。画面が真っ暗になってしまっている場合は、強制的に再起動をすることで起動するようになります。また充電をするという対処法もあります。